Snapseedのチュートリアル通りに写真を加工してみた

Snapseedの右上にある点々3つのところを押すと、詳しいチュートリアルがあります。

そこに「高精細モノクロ」という項目があったので、真似してみることにしました。いくつか写真を加工してみたのですが、なんかしっくりこなかったので、チュートリアルに似た夜景の写真で試してみることにしました。

その結果が、こちらです。

確かに、高精細なモノクロ写真に見えます。

ちなみに、下の写真が元の写真です。

昨日、載せた写真はこれをトリミングして、色を加工したものです。

1枚目の高精細モノクロにしたものは、むしろ石畳の質感が面白いのでトリミングしない方がいいと感じました。撮影場所は平和記念公園の原爆ドームの対岸付近です。

もう一枚、全く同じ加工をしてみました。

上の写真はカラーだとちょっと思った感じに写っていませんでしたが、モノクロにしたら、その時感じが質感が浮かび上がってきました。対岸のレストランのやさしい光、それが水面に映る感じ、橋や護岸の石が整然と並ぶ感じなどです。背景の無機質なビル群も対比がおもしろいと思いました。

詳しいことはよくわかりませんが、iPhoneのカメラとアプリだけでここまで表現できるのは、私としては満足です。

参考までに元の写真はこれです。

これだと感じた上のような雰囲気が写っていません。

Snapseedは前回と同じ処理を次々と写真に施せます。また、履歴を表示してそれぞれの加工の効果を後から修正することもできます。とにかく、やったことを全部覚えていて、後から調整できるので自由度が高いです。

そのままだとちょっと合わないなぁ・・・と思っても、パラメーターをいじると、違和感が消えたりします。下の写真はそのようにして調整したものです。

ざらついた夜空と光る街灯、ヌラヌラと光を反射する電車のボディなどの質感がよく出ています。モノクロはテクスチャが生き生きしますね。

純正写真アプリで加工してみた

PhotoScapeXと同じような感じが写真アプリでも出せないかと思って、少し試してみました。

これはひとつ前に示したPhotoScapeXで加工した写真です。

PhotoScapeXでの加工

これが写真アプリで加工したものです。

純正写真アプリでの加工

自動補正でトーンを調整して、そこそこ結果が良かったので、そのままフィルタをドラマチックにしたのが下の写真です。若干色味が違いますが、雰囲気は似てます。仕上がりもスッキリしていて悪くありません。

最近の純正写真アプリはホワイトバランスや色ごとのトーンカーブ、レベル補正、カラーごとの調整など、色に関する調整に関しては一通り何でもできます。正直、どれがどこにどのくらい影響を及ぼすかは結構難しいです。

iPhone 14 Proで撮った写真を、PhotoScapeXというソフトでレタッチしてみた

PhotoScapeXというソフトを知ったので、iPhone 14 Proで撮影した写真を少し加工してみました。PhotoScapeXは課金しないと全ての機能が使えませんが、まずは無料の範囲でできることから試しています。

PhotoScapeXはMacだけでなく、Windowsでも使えます。

1枚目は超広角です。軽く全体を整えた後、フィルム効果の「ベルビア」を施しました。超広角はカメラの設定で歪み補正をすることができますが、今はこの機能をoffにしています。

カメラ:iPhone14Pro、レタッチ:PhotoScapeX

2枚目は3倍望遠レンズで撮影したものを少しトリミングしました。軽く全体を整えた後「映画」というフィルム効果を施しました。

カメラ:iPhone14Pro、レタッチ:PhotoScapeX

「ミステリと言う勿れ」のYahoo!の記事に出ていた西広島駅のそばで撮影しました。

news.yahoo.co.jp

PhotoScapeXから「写真」は直接閲覧できません。逆に「写真」アプリで写真を閲覧し、外部編集を起動することでPhotoScapeXを立ち上げる方が良さそうです。command + enterがショートカットなので、編集したい写真を選んでcommande + enterとすればいいです。これはPhotoScapeXじゃなくても、GIMPとかでも同じことができます。commande + enterでは最後に使用したアプリケーションを使って写真を開きます。

PhotoScapeX、なかなかいいかもしれません。

PhotoScape X - 画像加工, 写真編集

PhotoScape X - 画像加工, 写真編集

  • Mooii Tech
  • 写真/ビデオ
  • 無料

apps.apple.com

なくしたと思っていたサファリが見つかりました

ときどき、文房具をなくします。

たいていは大量のペンのどこかに紛れ込んでいて、そのうち出てくるパターンが多いのですが、本当に無くなることもあります。

最初に購入したFニブの万年筆がすごく書きやすくて気に入っていましたが、これは完璧になくしました。ブルー軸でクリップが黒という組み合わせは今はない色なので残念です。その時に代わりに買ったのがこれです。なくしたと思っていたのですが、別のペンを探していたら出てきました。

購入したのが2015年の6月14日です。

EFのニブはFに比べると少し書き味が硬いですが、普段使いするには使いやすい線幅です。

ペンクリニックでメンテナンスしてもらったこともあり、今ではだいぶ手になじんできました。

サファリの場合、私はキャップをポストせずに使います。

左手でキャップをつかみ、親指と人差し指でペンを外し、右手でペンをつかんで、そのまま筆記する感じです。キャップのつかみ心地や軽く外れる感じ、一連の動きがすごくしっくりきます。三角形のグリップも手探りだけで毎回同じところを握れるので、利便性が高いです。

youtu.be

書き心地の良さやコスパの高さを考えると、パイロットのライティブと迷うところです。

上:ライティブ、下:サファリ

ちなみに、線幅はライティブのMとサファリのEFは同じくらいです。

どちらもコンバーターを使っていて、インクはサファリがLAMYのブルー、ライティブがパイロットのブルーブラックです。

<今日の写真>

カメラ:iPhone14Pro、レタッチ:Snapseed

 

 

 

 

 

 

今日の写真

カメラ:iPhone14Pro、レタッチ:Snapseed

カメラ:iPhone14Pro、レタッチ:Snapseed

カメラ:iPhone14Pro、レタッチ:Snapseed

カメラ:iPhone14Pro、レタッチ:Snapseed

 

Digistillへの連絡はこちらから