シロカ ANDONファン SF-PC171

屋外で扇風機を使いたいことがあってポータブル扇風機を探していました。

昨日今日とホームセンターや家電店、アウトレットショップ、工具系プロショプなどで色々見てきました。

欲しい機能としては、充電式モバイルバッテリ駆動可能風量がそこそこあり、できれば首振り機能・タイマー機能があること。

実際店頭に行くと、数えきれないくらい、いろんなものがありました。

一見していいなと思ったのは、マキタの充電式のファンでした。無骨なデザインで道具感があります。しかしながら、本体は1万円前後とそれほど高くないものの、バッテリーまで購入すると3万円近くになります。バッテリーは電動工具や照明器具、掃除機などに流用できるので便利ですが、あいにくマキタの製品を持っていません。将来的な選択肢としてはアリだと思いますが、今回は購入を諦めました。

今日、ケーズデンキに行ってみると、シロカのアンドンファンというのが目に入りました。

見た目はそれほど特徴がありませんが、よくみると、機能がてんこ盛りです。

  • コードレス
  • 防じん・防滴仕様で、JIS 保護等級のIP44に対応
  • 置き型のパイプユニットのほか、クリップ式のアタッチメントも付属
  • 1・2・4・6時間の4段階に設定できるON/OFFタイマー機能
  • やさしく静かな微風から、パワフルな強風まで、風量調節6段階
  • シロカ独自のふわビューン技術により静音性も実現。木の葉がふれあう音より静かな約16dBの風(首振り+風量1の時)
  • 満充電で最大30時間使える(風量1、首振りなし)
  • お子様やペットのいるご家庭でも安心のチャイルドロックつき
  • カラビナ付きリモコン
  • アロマケース付属

youtu.be

コードレスファンとしては十分すぎる機能です。

スイッチ類は全て背面にあるため、本体だけで操作するときはちょっとやりにくいかもしれませんが、リモコンが付属しているので特に問題はありません。

充電はUSB-C端子です。説明書には書いてありませんが、モバイルバッテリーでも充電および駆動可能でした。

内蔵バッテリーはリチウムイオン電池(8000mAh)でUSB端子でのアウトプットができるのでモバイルバッテリーとして使えます。

風量は手持ちのシャープのPJシリーズの扇風機と比べても遜色なく、最大だとPJシリーズの最大と同等か少し落ちる程度です。

30時間駆動するとありますが、風量1の0.85Wでの時です。最大風量だと12Wらしいので、最大風量の場合、せいぜい2、3時間と思った方がいいと思います。

充電は500回くらいできるようです。

モーターはDCブラシレスモーターなので耐久性が期待できます。

本体重量は800 gでパイプユニット、クリップユニット共に300 gなので合計1.1 kgほどで軽いです。このくらいの重量ならどこにでも気軽に持っていけます。

クリップユニットのクリップは結構強く、1 cmくらい挟めば十分に安定して固定できました。

ファンの音も気になるほどではありません。

実際の駆動の様子を下の動画に示しますが、印象としてここまで大きな音はしません。近くで撮影したため体感以上にうるさい感じがすると思うので、その辺は割り引いてみた方がいいと思います。

youtu.be

上の動画にはオチがあって、実はこのファン、初期不良品でした。首振りが元に戻りません。無理やり元に戻すと動くので、何らかの制御不良で反対側に動かないようです。

ケーズデンキで買ったので電話してみると交換してくれるそうです。こういうところが実店舗で買う良さですね。ちなみに、税込ジャスト9000円でした。

シロカのアンドンファンはコードレスタイプの扇風機ですが、普通の扇風機として十分に使える本格的なものです。少々値段はしますが、満足度はかなり高いです。

いいものと出会えました。(初期不良は・・・ですが。汗)

マキタのやつだと18Vのバッテリーが使えるCF102Dがいいですね。バッテリーは付属していませんが、コンセントで使えばバッテリーは必要ありません。

2023年の手帳選び

2023年1月始まりの手帳が発表され始めました。

今年の手帳はNOLTYのクレスト1という少し大きめの手帳を使っています。大きめと言ってもこの程度の大きさですが。

私には特にこの手帳じゃないとダメというこだわりはありません。ただし、レイアウトは週間レフトが好みです。月間部分はブロックタイプが使いやすいように感じます。あえていうなら、ペンホルダーがついていたほうが便利ですね。

綴じ手帳のカバーに付属しているビニールのペンホルダーは使い始める時には、1年持つだろうか・・・と心配になります。しかしながら、NOLTYの手帳に関していえば、1年使って壊れたことはありません。それほど手荒に扱うこともないですが、特別丁寧に扱っているわけでもありません。

手帳の主な用途はスケジュール管理です。todoやちょっとしたメモも書き込みます。特に筆記ルールやこだわりはありません。ちなみに、デジタルでのスケジュールを管理はしていません。会社での予定はOutlookに書き込んでいますが、それは他の人が打ち合わせを入れたりするのに参照するから仕方なくやってるだけです。

今年は少し大きめの手帳を選びましたが、スペース的にはちょっと持て余しています。今思うと、去年使っていたノルティポケットカジュアルが使いやすかったかもしれません。2020年は小型版を使って、特に困ったことはありませんでしたが、ちょっと小さいでしたね。

少し前に9月始まりの手帳を店頭で見てた時に気になる手帳がありました。ポケットカジュアル4です。基本的にはポケットカジュアル1と同様、月間ブロック+週間レフトなんですが、月間ブロックが月毎にあるタイプです。2019年に使っていたキャレルB6ウィーク1がそのレイアウトでした。

小型のシステム手帳も気になりつつも、手帳はそんなに大層なものじゃなくてもいいという思いもあります。今の所、ポケットカジュアル4が第一候補ですが、しばらく店頭でいろんな手帳を見てみようと思います。

jmam.shop

ジェットストリーム2&1

最近仕事でよくジェットストリーム2&1を使っています。

ジェットストリームは単色や4&1を使っている人はよく見かけますが2&1を使っている人はあまり見かけません。しかし、これが使いやすいんです。

2&1の構成は黒ボールペン、赤ボールペン、シャープペンシル0.5です。黒は通常筆記、赤はマーキング、シャープペンシルは本や資料への書き込みに使います。4&1には消しゴムが付属していますが、2&1には消しゴムはありません。予算に余裕があれば構成がほぼ同じプライム版を使ってもいいと思います。デザインもよく似ています。

上:ジェットストリーム2&1、下:ジェットストリームプライム2&1

大は小を兼ねるということもあり、機能的には4&1でも問題ありません。しかし、最大の違いはグリップの太さなんですね。2&1はグリップの太さが私の理想の範囲にギリギリ入っています。グリップの太さはペンの重量や形状、質感でも好みが変わりますが、基本的には10 ± 2 mmくらいが使いやすいと感じます。そう考えると上限は12 mmとなります。2&1はそれよりわずかに太い程度ですが、4&1は+1.4 mmもあります。参考までにドクターグリップは一番細い部分が12.7 mmです。4&1ではドクターグリップを多用する理由がこれです。

上から、ジェットストリーム2&1、4&1、ドクターグリップ4&1

ちなみに、ジェットストリームプライム2&1のグリップは11 mmで理想的です。プライムはラバーグリップじゃないので好みが別れるかもしれません。ただし、プライムは確かにツルツル塗装仕上げですが、グリップ感は悪くありません。

ジェットストリーム2&1は見た目もスリムでスタイリッシュです。店頭で見かけたらちょっと気にして見てみてください。

 

 

Digistillへの連絡はこちらから