フリクションボールノックゾーン インスピレーショングリーン

フリクションボールノックゾーンが発売されました。

店頭で試筆したところ、これは買う価値ありと思って、インスピレーショングリーンを買ってきました。

 

フリクションボールノックゾーンはグリップの素材で価格が異なります。ラバーが550円、木が2200円、アクリルが3300円です。今回購入したのはアクリルグリップのものになります。

木とアクリルのモデルは箱に入って売られています。

フリクションボールノックゾーンには大きく3つの特徴があります。

①フリクションボールレフィルVer.2搭載(「プレミアムフリクションインキ」採用)

②チップホールドシステム

③ノイズカットノック

この中で私が一番注目していたのがチップホールドシステムです。

詳細を観察していきましょう。

まずグリップ。アクリルのグリップはマーブル調になっていて、個体差があります。私が選んだのはこんな感じのものです。

万年筆のようなしっとりとしたグリップ感があります。

グリップ部の太さは先端が約10 mmで後端が約11.2 mmでした。重量を考慮すると理想的な太さだと思います。

軸はマット調になっています。

気になるチップホールドシステムを見てみましょう。

実物を見るまでは芯ホルダーのようなチャックが先端にあるとばかり思っていたのですが、そうではありませんでした。どちらかというと、ブレンに近いです。ブレンはコーン状の筒でペン先を保持するような形になっていますが、フリクションボールノックゾーンの場合、3つに分割された爪のようなものでペン先をホールドするようになっています。このような構造にすることで締まりバメというか、素材の弾性を利用して保持部とペン先を密着させることが可能となります。素材の滑り具合と弾性を適切に設計されているように思います。口金部分にリフィルを手で抜き差しすると若干ペン先が締まっているのを感じられます。このような構造にするとブレがほとんど起きません。

私はボールペンの口金とリフィルがかちゃかちゃ当たるのがあまり好きじゃありません。ブレンはその問題に着目して改善したペンですが、フリクションボールノックゾーンは一段高いレベルでこの問題を解決したと思います。

日本の文房具はこんなに高性能なのに口金問題になんでもっと本気で取り組まないんだろうと思っていました。しかしながら、このフリクションボールノックゾーンは鮮やかに高レベルで問題解決の方法を示したと思います。

ただ一点、若干気になるのは、保持剛性が高いからか、ペン先が紙面に当たった時の衝撃が大きく、音も大きめです。例えていうなら、シャープペンシルで書いている時の音に近いかもしれません。

一方、ちょっと脱線しますが、最近購入したF-701は口金とペン先の間に隙間があるもののカチカチ音が全くしません。さらに、不思議なことに、ペン先がしなるからか、ペン先が紙面に当たるときの音がマイルドです。見た目は無骨ですが、筆記感はマイルドで上質です。F-701は旧油性タイプのボールペンとしては極上級といっていいです。

先端にチップホールドシステムがあるため口金先端が少し太めです。実際に書くまではちょっと書きにくいんじゃないかと心配していましたが、繰出量を多めにしているので、そんなに違和感はないです。

字消しのラバーはちょっと角があるような形になっています。

リフィルを金属にすることで材料を薄くできるため、結果的にインク量が70%増えています。

口金のネジ部の構造です。ネジの先端に樹脂のリングが嵌め込まれています。このような構造は初めて見ました。このリングの内径は金属円筒の内径よりも小さくなっています。そのためリフィルが金属部に直接当たるのを防ぐ効果が期待できます。

ノック部もノックすると固定されてガタガタしないように設計されています。

このペンはノックから筆記時の静粛性を極限まで高めることに注力していることが理解できます。

ペンの重量は22グラムで程よい重量感があります。

また、バランス係数([ペン先から重心までの距離 / 全長])は63.5/ 155 = 0.41でかなり低重心です。スペック上はペンの長さは150 mmですが、私はノックした時のペンの長さを全長と考えているので155 mmとしています。

各部の重量を以下に示します。

グリップから口金のユニットがペンのちょうど半分の重量になっています。

実際に書くと、すごく上質な書き心地です。

新インクの濃さはこんな感じです。

油性インクよりも濃く、新油性インクよりも薄い感じです。厳密にいうと、部分的な濃度は楽ノックには負けていますが、線の太さや均一性で濃い印象がするといったところでしょうか。また、一般的なゲルインクの黒はもっと黒いですが、違和感のある薄さではありません。100点満点ではないものの、この黒なら使ってもいいかといったレベルには来てると思います。点数をつけるとすると、65点くらいですね。

字消し性はこんな感じです。

2本線を筆記してから、下の線を消していますが、キレイに消えました。

下の写真は素早く描いた線とゆっくり描いた線を交互に並べたものです。

素早く描くと線割れします。

インクは裏抜けしにくいです。

明日か明後日、550円版のものも送られてくるはずなのでまた比較してみます。

 

 

 

 

海外仕様 ぺんてる ケリー 0.7

9本目のケリーを手に入れました。

上の4本は限定品です。

5本目はクラフトデザインテクノロジー版ケリーで、6本目は通常品のネイビーです。

この2本は50周年記念モデルのケリーです。

ケリーを買う前は、古臭いデザインのシャープペンシルというイメージしかありませんでした。しかし、実際に手にしてみると、長年売られ続けている商品のオーラを感じます。見た目だけでなく、シャープペンシルとしての完成度も高いです。

今回購入したのは海外仕様の芯径0.7のケリーです。珍しく店頭で売っていました。国内版は0.5しかありません。ブラックとブルーが売っていたので、最初は黒牛(ケリー)にちなんで黒を買おうと思ったのですが、ブルーがきれいだったのでブルーにしました。

ちょっとわかりにくいですが、ロゴの印刷が金色です。

上が今回購入したブルー、下が旧タイプのネイビーです。ブルーの樹脂にはラメが入っています。ネイビーには入っていません。よく似た色ですが、どっちもきれいで、甲乙つけ難いです。

ネイビーは7年前に購入したものですが、まだ状態はかなり良いです。

stationarylab.com

このケリーは不幸なことに購入して割とすぐに会社のイスの下敷きになり、こんな感じになっています。

最初はヤワなペンだなとガッカリしていたのですが、その後、長年使っていても経年劣化をほとんど感じさせないくらい、質のいい塗装が施されていることに気がつきました。

普通に使っていれば、5年や10年は余裕で使えると思います。

ペン先を見比べてみましょう。

もはやアートってくらいきれいな形です。オレンズの口金の源流がここにありそうですね。

シャープペンシルは0.5をHBで使うのが一番普通に使える組み合わせだと思いますが、0.7や0.9を少し濃い目の芯で使うのもなかなかいいです。太い芯のメリットは、芯が折れにくいこと、ノック頻度が減ることです。0.7くらいなら線の太さもほとんど気になりません。

 

 

 

ゼブラの海外モデル F-701

フタバ図書TSUTAYA TERAにゼブラのF-701が売っていました。海外モデルなので日本の文房具店では滅多に手に入りません。

外観はほとんど金属で覆われていて、重厚感があります。

口金はウェットニーのものによく似ています。実際、ウェットニーは海外ではX-701として色違いで売られています。

ローレットはきめ細やかでちゃんとグリップ力があります。

リフィルはF<0.7>というプラスチックスリーブのものが使われています。このリフィルは日本では発売されていませんが、F-0.7芯が使えるようです。F-0.7芯は金属スリーブのリフィルですが、問題なく使えました。ただし、リフィル重量が純正は1.1 g、F-0.7芯は2.8 gなので、ペン全体としては1.7 gくらい重くなります。Amazonなどでは樹脂製のF-0.7芯というのが売られているようです。こちらはリフィルにバネが付属された状態で売られています。

グリップ部はかなり肉厚です。

F-701は通販でも購入できますが、購入を躊躇していた理由がクリップです。ウェットニーのクリップは非常に低品質で、ちょっと広げるだけで元に戻りません。メーカーに問い合わせてもそれは仕様ということでした。F-701のクリップも形状が似ているので、同じような性能だったら嫌です。

でも、実際はF-701のクリップは普通のちゃんとしたクリップでした。このようなクリップが作れるのになぜウェットニーが低品質なクリップを使っているのか謎です。

外装はほとんど金属で覆われていますが、ノック部分付近には樹脂が使われています。

これはノック時、あるいは筆記時に金属同士の干渉による音を抑制するためではないかと思います。構造がよくわかりませんが、ハメ合いかなんかの関係なのかもしれません。最近はこの部分が金属のF-701やF-xMDなるペンもあるようです。

ペンの重量は20 gで、バランス係数([ペン先から重心までの距離 / 全長])は60/ 138 = 0.43で、低重心です。

ノックは独特の重厚な感じがあり、少し重めです。そのおかげでリフィルが固定されるのか、口金とリフィルの間には隙間があるものの、カチカチ音が皆無です。この点においてはかなり優秀です。店頭の他の個体も調べましたが、カチカチするものはありませんでした。ウェットニーは若干カチカチ音があるので意外でした。

リフィルは普通のイマドキ旧油性ボールペンで、よく書けます。

金属外装のノック式ボールペンはrotring600とかOHTO GS01とかを持っています。

この中ではF-701が一番無骨ですが、トータルの完成度は一番高いと思います。GS01も好きですが、ペンバランスが少し悪いです。見た目はrotring600ですが、持つ角度によってはカチカチ音が気になるペンです。F-701はデフォルトで、どの角度で握ってもカチカチ音がしないという不思議なペンです。

F-701はノック式ボールペンとしての完成度がかなり高いと感じました。

ちなみに、これと同型のシャープペンシルも売ってました。

 

 

Digistillへの連絡はこちらから