今週末は写真をあまり撮らなかったなぁ。日曜日は用事で倉敷まで行ったけど一枚も撮らなかったし。カメラバッグにFM3Aをしのばせて、どこ行くにも持ち歩いてるんだけどね。
今日は久々に45mmを付け、1年半ぶりくらいにネオパンアクロスを詰めた。夕方前、空を見上げた。これを撮影してもおそらくはなんの変哲もない雲が普通に写るだけだ。別段特筆するべき写真でもないだろう。撮る必要すらないかもしれないが、そのときその空を撮ったということになんか意味がありそうでシャッターを切った。

写真の世界にはプロと呼ばれる人たちがいるが、みんながプロのまねをする必要はないのだ。コンテストで一番を取り、名作を生み出すことだけが写真ではない。なんとなくそのときシャッターを押す。それもまた写真とのつき合い方の一つだと思うんだな。

スロー写真のススメ?

少年カメラクラブの時間 (エイ文庫 (098))

少年カメラクラブの時間 (エイ文庫 (098))

Digistillへの連絡はこちらから