好きなデジカメいっぱい見て来た

久々にデジカメコーナーを見て来た。
GR Digitalの発売直前だからということでもないんだけど、リコーのデジカメが気になりCaplio R2とか(R3がもうすぐ発売されるのかな)、Caplio GX8とかをまず触ってみた。コンパクトデジカメはやっぱりちょっぴり動作が鈍い気がしたが、触った感じはなかなか良かった。そういう意味では操作にストレスがほとんどないDiMAGE A1などは今でも色あせない魅力があると感じる。
特に気に入ったのがGX8で、これはグリップ感もそんなに悪くないし大きすぎず小さすぎずなかなかいい感じだと思った。コンパクトデジカメだと今気になってるのがフジのF11なんだけど、スタイルはGX8の方が好みかな。
グリップ感が総じていいのはニコンのグリップ出っ張り型のコンパクトカメラだ。ニコンのコンパクトカメラは突出した特徴がそれほどないが、なんとなく好きだな。
あともう一つ気になるのがあった。コニカミノルタDiMAGE X1だ。これは展示してあったか忘れたけど、なかなかの優れものなのだ。屈折光学系を採用しているので、レンズが飛び出ないのに3倍ズームという最近流行のスタイルだ。でもこいつがすごいのはこの方式にも関わらず手ぶれ補正を実装していることだ。こういうウルトラマジック的技はフィルムカメラで達成するのは難しく、コンパクトデジタルならではという感じがして好きなんだな。

最近は一眼デジタルも気軽に触れるように展示してあるところが多く、その辺も一通り触ってみた。AFの速さなどは魅力的だ。多くはシャッター音もおとなしく、フィルム巻き上げ音等がしないため非常に静かな印象だ。ハイエンドコンパクトデジタルカメラの方が遊び心があるし、多くの人は画質的にもそれで十分だと思うけれども、AFの速さ等はやはり一眼デジタルの方がストレスがない。ごみ問題はさておき、撮影に集中するならばなかなかいい道具だと思うな。ただし、総じてファインダーがしょぼいのはいただけない。
高画質で高性能な一眼デジタルなんだけど、強烈に欲しいとは思わない。カメラは小さい方が好きなのだ。そういう意味では普段使っているDiMAGE A1もFM3Aも道具としては今一歩といえる。スタイルとしてコンパクトカメラっぽいのが好きだ。
この指向はカメラを始めた頃からあった。最初に買ったカメラがリコーのコンパクトカメラだったからかもしれない。押せば写るということが単純に楽しかった。EOS 100を買ったときも、ホントに欲しかったのはHEXERだった。今思えば、リコー、キヤノンエプソンオリンパスミノルタニコンと買ったカメラが見事に全て違うメーカーなのは節操がないからか・・・。カメラに限らず、特定のメーカーに興味はないのだ。
エプソンR-D1デジタルカメラの中では異質な存在だが、理想的にはああいうのが好きだなぁ。
しばらくデジタルカメラを買う予定はないが(GRDが気になるけど)、今後、どんなおもしろいカメラが出てくるか楽しみだ。

Digistillへの連絡はこちらから