プラマンのペン先

以前書いたように、ぺんてるプラマンというペンを使っている。
ボールペンと比べると割と太いので、細かい文字をちまちま書いたりするのには向かない。個人的には計算するのにも向かないと思っている。インテグラルやらラウンドやらギリシャ文字やらをズザザッと書くのにはV cornの方がしっくり来るし、ノートに書く場合は0.7 mmのシャープペンシルでやることが多い。
プラマンの魅力はなんと言っても文章を書くときの味わいだ。このプラスチック万年筆は持つ角度によって微妙に線の太さとか感じが変わる。右の写真に示すように、ペン先は扁平で支持部の長さが微妙に違うのだ。側面で書けば細い線が書けるし、扁平な部分で書けばちょっと太い文字になる。支持部の長さが違うことで両面のしなり量が異なる。そのせいで書き味が微妙に変わるのだ。プラマンを持つときは、どの向きにペン先が来ているか気にする。そんな微妙なゆとりの瞬間が文章を書くときの気持ちを高めてくれる、ような気がする。

Digistillへの連絡はこちらから