今日は出張で長崎に宿泊している。港のそばのホテルですばらしく夜景が綺麗だ。
ほぼ日手帳を持ち歩いているが、いい感じだ。中身も去ることながら、たくさんのポケットが便利に使える。時刻表みたいなものは、今まではポケットにねじ込んでいたが、どのポケットにいれたかわからなくなることが多かった。そういう一時的に必要な情報をだいたい一元的に収納できるのだ。
仕事の予定や気になった店の名前や支出メモなどを三色ボールペンで次々に書き込んでいる。一見雑然としているが、頻繁に開いては見ているので、自分的にはちゃんとわかる。仕事とプライベートがごちゃまぜだが違和感はないようだ。三色の色分けはルール付けているが、あとは結構自由に書き込んでいる。
ほぼ日手帳は安くはないが、ひるむほどの高級品でもない。長くても一年使えればいいので、ガンガン使ってやろうと思っている。

Digistillへの連絡はこちらから