久々にカメラにカラーネガを詰めて撮影してみた。三回目だが、一回目はプリントせず、二回目は全コマシャッターの設定ミスだった。今回は夕方からの撮影だったが割とちゃんと撮影できた。同時プリントしてもらったのだが、高いなと思った。むしろポジをスリーブで仕上げたほうが安い。
写真はニコン単焦点を使っているだけあって、デジカメとは一味違う。色は光源の色温度の影響をもろに受けるが、なんともいえない深みのある色がいい。何ショットか段階露出をしたが、指定なしのサービスプリントでは勝手に補正されるので、一・二段程度なら大きな違いはない。つまり、手ブレに気をつければ大きな失敗はないだろう。むしろデジカメの方が難しいと思う。
とはいうものの、デジカメは色温度はよく補正してくれるし、現像代もいらないなど便利な点も多い。だいたいの人は同時プリントするだろうからコストも馬鹿にならない。
やはり、まだメインはモノクロだが、今は以前ほど撮影ペースが早くないし、作業時間が取れないことも増えてきたので、カラーネガやポジ等も使ってみたい。

Digistillへの連絡はこちらから