熱中症

今日は午後から下請けの工場に行って作業のチェックをした。いつの間にか自分も作業に加わり、汗だくになった。
しかし、その工場、スポットクーラーすらなく、おそらく工場内は35℃から40℃の間だ。ある程度慣れるんだろうけど、みんなよくやってるなーと思う。今日はいろいろトラブルがあり、全く作業に途切れがなかった。3時が過ぎた頃からのどが乾き、ヤバいなと思い始めたが、作業を抜ける隙もなかったし、財布も持っていなかったのでどうしようもなかった。作業が終わったのは5時前で、その頃には頭がもうろうとしていた。最後の頃には手もとが怪しくなり、思考能力が相当落ちていた。あぁ、これが熱中症一歩手前なんだろうなぁと感じた。
現場でお茶を飲み、会社に戻ってから500mlのアクエリアスを一気のみした。大した書類ではないのだが、明日の午前中までに仕上げて提出しないといけない書類があったので、1時間程作業してある程度めどをつけた。
家に帰った時はいつもより体重が一キロ以上軽かったのだが、お茶をガブのみしてやっと元に戻った。水分が体に回ると、やっと体のだるさが回復してきた。思考能力ももとに戻りつつある。
熱中症というのは経験がないが、今日はちょっとヤバかったな。

Digistillへの連絡はこちらから