くっすん大黒

町田康のくっすん大黒を読んだ。
今まで読んだことのないような文体の小説なのだがテンポがよく一気に読めてしまう。小説なんだけど一見リアリティに欠けているように思われる。表現や人物は勢いやユーモアがあるのだが、どこか哀しみというか暗さが背景に感じられる。でも、これって心のどこかにあるよなぁと共感できる部分が多くあるような気がした。ただおもしろいだけの小説ではないなぁ。

くっすん大黒 (文春文庫)

くっすん大黒 (文春文庫)

Digistillへの連絡はこちらから