カーナビ

自分が車に付けているカーナビはcarrozzeriaサイバーナビなのだが、HDDの内容を書き換えたので、ついでにあれこれいじってみた。
取り付けてからマニュアルはずっと車の中で、ほとんど使いこなしていない。スピーカーの設定も2chモードのままだった(というか、そういうモードが存在することすら知らなかった)。わけもわからずいじったのだが、音がめちゃくちゃよくなってビックリした。これじゃいかんと思い、今更ながらちょっと説明書を読んでみようと思った。


ところで、最近のカーナビというのはあまりかっこよくないと思うのだ。どんなにかっこよさげでも、地図が表示されていると、「あぁこれは道案内をしたりしてくれるキカイなのだな」とナニモノかがすぐにわかってしまう。ぼく天才だけどなにか?的シラケた空気が漂っていると思うのだ。
カーナビなるものが一般的に存在していなかった頃のカーオーディオなんていうのは「なんかよくわからんけどあちこちがピカピカ、ピコピコしててすげぇ、音もなんかシャカシャカしててナウイじゃん!」と思わせるカッコイイダロオーラをこれでもかと出しまくっていたと思うのだ。あの根拠のない電子機械的自己顕示に憧れていた頃が懐かしい。
ああいうドキドキ感満点のキカイって最近は少ないような気がする。時には無駄な装飾が夢を与えてくれることってのもあるんだな。

Digistillへの連絡はこちらから