シャープペンシル再考

今日、久々に会社の机のペン立てに放置してあるぺんてるのGRAPH 1000 for proを手にした。最近はパイロットのS3ばかり使っているんだけど、それに比べるとGRAPH 1000 for proのグリップはちょっと滑りやすい感じがした。カラーフライトは相変わらずしっくり度が高いが、ペン先がいまいちなのと、S3に慣れた手には六角軸がごつごつして感じられた。
というわけで、現時点での実用シャープペンシルNo.1はパイロットのS3で間違いない。丸くて手触りのいい非ゴムグリップといい、なだらかなカーブを描く軸がなんともいえない感触なのだ。S3の対抗馬は来月発売されるぺんてるGRAPH600だと思う。画像から判断する限り、結構期待しても良さそうな雰囲気だ。

Digistillへの連絡はこちらから