デジカメWatch パナソニック、初のマイクロフォーサーズ機「DMC-G1」

記事
メーカースペシャルサイト
とうとうマイクロフォーサーズが来た!
クリックして見た第一印象は、「あれ、普通?」。
しかも重量が385 g。オリンパスE-420の重量は380 gなので5 g重い。
サイズは次の通りだ。

DMC-G1:
幅約124mm×高さ約83.6mm×奥行約45.2mm(本体のみ、突起部を除く)

E-420:
129.5×91×53mm(幅×高さ×奥行き 突起部含まず)

E-420よりほんのちょっぴり小さい程度。
マイクロフォーサーズはカメラがだいぶ小さくなると思っていたので、ちょっと期待はずれだ。
まぁ、レンズ内とはいえ手ぶれ補正が付いているし、つかみやすそうなグリップが付いた上で重量が5 gしか重くなっていないとも言えなくはないか。
まだ詳しく見ていないので他にも特徴があるのかもしれないが、少なくとも思ったより小さくないという時点で購買意欲はほとんどなくなった。
これならまだDMC-LX3の方がいいかもしれない。
オリンパスマイクロフォーサーズに期待したい。

Digistillへの連絡はこちらから