デジカメWatch ライカ、開放F2の超広角コンパクト「D-LUX 4」

記事
パナソニックLUMIX DMC-LX3のライカバージョンだと思う。
あまり使い心地がよくないグリップがなくなり、デザイン的にもすっきりしたと思う。ただ、シャッターボタンがLX3と同じように見えるのは残念だ。頻繁に押すべき部分が凹んでいる状態ってのはどう考えても自分的にあり得ないデザインだ。あのシャッターをおかしいと思った関係者はいないのだろうか。
例えば手もとにあるF30のシャッターボタンだが、決してできのいいシャッターボタンではないのだが、ボタン自体は面からちょっと出ている。一方、電源ボタンは面から少し凹んだ位置にボタンを配置している。これは不用意に電源が入ったり切れたりするのを防ぐ上で合理的な設計だと思う。
ニコンのマニュアルカメラの露出補正ダイヤルはボタンを押しながらじゃなければ動かないようになっている(全機種かどうかは知らないが)。これは撮影中に意図せず補正されるのを防ぐためだと思われる。これが妥当かどうかは問題ではない(実際はちょっと操作しにくいと感じる)。問題は頻繁に使う操作系は操作しやすく設計し、誤動作を防ぎたい操作系はあえて操作しにくく設計されているかということだ。つまり、デザインに目的と意思があることが重要なのだ。何を操作しやすくするべきかどうかというのはまた別問題だ。
シャッターというのはカメラに意思を伝える最終手段だ。今ここだという瞬間に「さぁイケ!」という号令を与える部分だ。そこは使いやすくないとダメだろう。
もちろん、何を重要視するかは人それぞれの価値観によるし、自分としても用途云々で重要視するべきところは変わる。
だから具体的な機種をある偏った視点からだけで普遍的にダメだと評価するつもりはない。ただ、現時点で自分的にイマイチってことなので、勘違いなく。

Digistillへの連絡はこちらから