dpreview Fujifilm announces Super CCD EXR

記事
富士フィルムの新しいCCD、Super CCD EXRが発表された。コンパクトカメラ用の素子のようだ。
カラーフィルターを一新し、ノイズとDR(ダイナミックレンジのことだと思う)を改善したという。

Super CCD EXR offers three main changes from previous Fujifilm sensors:

A new arrangement of the mosaic color filter
A new method of pixel binning
A complete revision of the electronic charge control

Super CCD EXRでは過去の富士フィルム製センサーから主に3つの変更を行った。
モザイクカラーフィルターの新しい配列
ピクセルbinningの新しい方法
電気のチャージ制御の完全なる見直し

ピクセルbinningの新しい方法とはどういうことかというと、そもそもデジカメは隣り合った同じ色の2つの素子をひとまとめにして一つのピクセルとして処理するらしいのだ。ピクセル配列を新しくしたことでbiningを斜めに行うことができるようになった。効果としては、false color(偽色?)が生じにくいということだと思う。
全体として、低ノイズでシャープな画質を作り出すことができる。
他にもダイナミックレンジが広がったりいろいろいいことがあるようだ。


今後大切なのはこのCCDを使ってどのようなカメラを提案するかだと思う。
マイクロフォーサーズも気になるが、富士の素子にはいつもわくわくさせられる。

Digistillへの連絡はこちらから