ほぼ日 「にわか写真部」更新

記事
カメラ技術や写真術的話題ではなく、写真を撮ることに対するヒントが示されていると思う。
写真を用いたプロというのは色んな形で存在するわけだが、写真を楽しむ人々がみんなその辺を狙う必要はないと思うのだ。マグロの一本釣りをしなくても釣りは楽しいし、オリンピックに出なくてもランニングやスキーを楽しんでいる人はいっぱいいる。そもそも趣味に順位や優劣なんて価値観は必要ないと思うのだ。一番大切なのはそれを通して自分が楽しめるかどうか。他人の評価というのは二の次三の次だと思う。プロの方法論や技法はよりよく楽しむためのヒント程度に捉えればいいのではないだろうか、と思うのである。

Digistillへの連絡はこちらから