妄想癖

下のメモにリンクしてあるガバサク談義等を読んでいると非常におもしろいと感じる。デジカメというものに対してしっかりと自分の視点を持っているように思う。
自分の場合、最近は写真散歩もめっきりさぼり気味で、もっぱら「デジカメ買うとすれば」的妄想を繰り返しているだけだ。
時にGRDの人となりすまし、しばらくイオスチッス派に潜伏し、しばしフォーサーズ一族を気取る。時にはマイクロフォーサーズの未来に夢を馳せ、ガバサク理論に踊らされそういえばソニーって元々ミノルタだったよなぁ・・なんて思ったりする。間違ってもフルサイズとかウンジュウマンエン的高級路線に足を踏み入れることはないのだが、買いもしないデジカメの情報をチェックしては、フムフムなんてわかったようなフリをしているのが楽しいようだ。
滅多に買いはしないのだが、コレだ!と決めたら意外と早い。これまで買ってきたデジカメはどれも初めて手にした瞬間から、もう心から離れないのだ。まぁ、だいたい出会いなんてもんはそういうものである。理屈でああだこうだとゴネてるうちは、妄想の域を脱しない。
さて、明日は何の人になろうか。

Digistillへの連絡はこちらから