容疑者Xの献身

この本はおもしろかった。最初から最後まで飽きるところが全くといっていい程なかった。理系出身の作家ならではの作品だと思った。もう少しサイエンスネタがマニアックでも自分的にはいいんだけど。
東野圭吾の作品は白夜行だけ読んだことがあったのだが、「容疑者Xの献身」を読んで、もっといろいろ読んでみたくなった。

これでやっとDVDを観ることができる。

容疑者Xの献身 (文春文庫)

容疑者Xの献身 (文春文庫)

Digistillへの連絡はこちらから