能率手帳

トレーニングにいく前に八丁堀のハンズに行って4月始まりの能率手帳を買ってきた(実は業者からもらった2009年版は持っていたのだが、ちょっと前に後輩にあげてしまった)。能率手帳の流儀を読んで、使いたくなったのだ。
実は、ほぼ日手帳の1日1ページというのがどうもしっくりとこないなと思い始めていたというのも動機の一つだ。1日に1ページというと普通の手帳に比べると余裕があるのだが、かといってそれで全てがまかなえるかというとそうはいかない。他のノートが必要になるのだ。結局、帯に短したすきに長し的分量なのではないかと感じている。
能率手帳を使うのははじめてではない。予定管理はこれで十分かなと思う。ただ、カズンにはカズンのよさがあって、最近はレシートやトレーニングメモのメモ、給与明細、プライベートでもらった名刺などを貼付けている。こういう使い方は能率手帳ではできない。カズンはストックブック的に活用していこうと思う。
今日は能率手帳だけを持ち歩いてみたのだが、やはり小さいってのはそれだけで性能だと思った。
しばらく使い方を試行錯誤してみよう。

Digistillへの連絡はこちらから