レンズ考

レンズ考といっても、レンズそのものについて考えるわけではない。K-7に一本だけあわせるとしたらなにがいいかなというのを整理したいだけである。
下で書いたようにDP2のカタログを見ながら、単焦点でいいと決めつつあるーーーとはいうものの、まだK-7を買うと決めたわけではないのだが。


ちなみに、普段使っているF30のレンズは36mm〜108mm(F2.8〜F5)だ。F30では広角端で撮影する場合が多いので、感覚的には35ミリなら使い勝手がよくわかっている。DiMAGE A1の広角端である28ミリはFM3Aでも使っていたのでだいたいわかっている。後、45ミリもFM3Aで使っていたのでだいたいわかる。数少ない経験で言えば、35ミリが多分一番使い勝手がいい。人間の視界は相当広いと思うが、認知している範囲はおそらく35ミリ程度ーー角度的には63°ーーなんじゃないかな。45mm程度になると見える範囲からある程度イメージを削除する必要がある感じだ。28ミリは35ミリと7ミリしか焦点距離が違わないのだが、印象はだいぶ変わる。感覚的には自然な視界の範囲ではある。目前を概観するような視点のときは28ミリくらいではないだろうか。ただ、写真的にみると、28ミリの場合は背景が煩雑になりやすい。被写体との距離にもよるが、ある被写体を撮ろうとした場合、一歩前に前進して撮影するとうまくいく場合が多い感じとでも言えばいいだろうか。


ペンタックス単焦点となればまず第一の候補はDA Limitedだろう。現在、DA Limitedには5本のラインナップがある。次にラインナップを示す。カッコ内は35ミリ判換算値である。

  • DA15mmF4ED AL Limited (23mm)
  • DA21mmF3.2 AL Limited (32mm)
  • DA35mmF2.8 Macro Limited (53.5mm)
  • DA40mmF2.8 Limited (61mm)
  • DA70mmF2.4 Limited (107mm)

焦点距離で選べばDA21かDA35がスナップには使いやすいように思う。DA35mmはマクロレンズなので最大撮影倍率が1倍であるというのが大きな特徴だ。このくらい大きく撮れればググッと寄ってはみたもののピントが合わないということはまずないだろう。35mmといえば、ペンタックスにはF35mmF2ALというレンズがある。実売価格は35949円(価格コム)でDA35mmの43919円(価格コム)よりも1万円程安い。FA35mmは最短撮影距離が0.3mと結構よれる。最大撮影倍率は0.17倍だ。FM3Aで使っていたAi Nikkor 28mm F2.8Sが最短撮影距離が0.2mで結構寄れるイメージがあった。マクロという程の撮影はできないだろうが、そこそこ寄れる感じはあるだろう。気になるのはFA35mmが評判がいいことだ。いくつかサンプルをチェックしてみたのだが、なんというか色がいいと感じた。また、開放F値がF2とF2.8では明るさが倍違う。レンズの見た目はDA35mmの方がはるかにいい。
それぞれいいところを簡単にまとめると
●DA35mm:等倍撮影、見た目がいい、クイック・シフトフォーカス・システム(AF後にピントリングを回すと直ちにMFでピント調整ができる機能)
●FA35mm:明るい、DA35mmより1万円安い、色がいい(?)、ちょっとだけ軽い(195グラム;DA35mmは215グラム)
ということになるだろうか。


ペンタックスにはFA Limitedというラインナップがあり、これがかなり評判がいいらしい。しかし、FA Limitedは実売価格(価格コム)が
31mm 114660円
43mm 64785円
77mm 89250円
とちょっとお高めだ。


で、結局どうなのかというと、現段階ではやはりK-7+DA35mmという組み合わせが一番候補かな。気になるのはAFが少し遅いらしいということと、遠景の描写が多少甘いという意見(リンク:デジカメWatch)があることだ。ちなみに、この組み合わせだとメディア、電池込みで約965グラム。ちょっと重いが、ボディがK-7という時点である程度はあきらめなければならないし、合計1 kgってのが一つの目安なので、よしとしよう。

Digistillへの連絡はこちらから