マイコミジャーナル 1,800万画素の実力を検証 - キヤノン「EOS 7D」実写インプレッション

記事
キヤノンAPS-Cの上位モデル。1800万画素で秒間8コマの高速連写が可能。視野率約100%&倍率約1.0倍の光学ファインダーが魅力的だ。高性能なキヤノンAPS-Cモデルが欲しい人にはいいかもしれないが、店頭予想価格が19万円ということなので、それなりに高価だと感じる。キヤノンということであれば、自分ならEOS50Dで十分過ぎるかな。むしろ性能的にはkissで十分なんだけど、持ちやすさや堅牢性に不安が残る。

Digistillへの連絡はこちらから