K-7のファームウェアアップデート

ペンタックス、「K-7」に動画分割機能を追加 - デジカメWatch
これは気が利いたアップデートがきた。
目立つところではリバーサルフィルムモードが実装されたことであるが、それ以外も使っていて微妙に使いにくいなと思ったところが訂正されている。

* 再生モードパレットに動画編集機能を追加した
* 画像モニターの撮影情報表示に電子水準器を追加した
* 露出モードMとXにおいて、ファインダー内表示と表示パネルの露出計表示を水準器表示と両立するようにした
* カスタムイメージの画像仕上げに「リバーサルフィルム」を追加した
* ライブビュー時のAF動作をシャッターボタンの半押しでもAF作動するようにした。また、合焦速度も向上した

さっそくアップデートしてみたところ、コントラストオートフォーカスの速度が程度の悪いコンパクトカメラ程度の速度になっていた。一眼レフのコントラストAFにしてはそこそこの速度のような気がする。しかし、一度迷い始めると致命的に遅い。こればっかりはK-7には期待できないかもしれない。

Digistillへの連絡はこちらから