That's just the way it is.

【フォトキナ】他社にはマネのできないことをやる。それがペンタックス - デジカメWatch
ペンタックスはミラーレスに関してだいぶ慎重なようだ。
ミラーレスのメリットはコンパクトなのに高画質というところだろう。レンズが交換できるので一眼レフ的な撮影のバリエーションが楽しめる可能性があるという満足感もある。また、EVFはあらかじめ仕上がりが目測できるので便利だ。
一眼レフのポイントはまさにレフレクターにあるのであって、そのために大型化してしまうのは仕方がない。光学像では撮影の結果は予測はできても目測はできない。レンズに入り込んだ光を反射し、プリズムで屈折させ、接眼レンズでのぞきこむ。そしておもむろに「エイヤッ」と撮影する行為に不確かでアナログ的な奥深さを感じているのではないだろうか。一方、EVFでの撮影は仕上がりが目測できるため、ある種の邪念が働きやすい。そこがいいところではあるのだが、撮影のスタンスは明らかに違うように思う。ありのままを受け入れ、後はある程度カメラにお任せするという奔放さがないように思うのだ。一眼レフの場合、どの程度お任せできるかはカメラとの信頼関係でもあるわけだし、そこに意思をこめたい場合はカメラの性質をある程度把握しておく必要がある。
こういう感覚はレコードがCDになっていくときに発生したある種の回顧主義なのかもしれない。てっとりばやく結果がわかるならそれはそれでいいじゃないかという感覚も自分にはある。しかし、いったんできるだけありのままを受け入れてみるのも大切なのかなと思う。

Digistillへの連絡はこちらから