DA35AL, DA35 Macro, FA31の比較

比較:3つの30ミリ台のレンズ
Comparison: Three 30-Something Lenses - Ned's Photo Journal
DA35ALとDA35 Macroの違いが興味があったのだが、ちょうどいいブログ記事がアップロードされていた。ちなみに、時々紹介しているこのブログの筆者NedさんはPentax Imaging USAの社長だ。
この比較の結果に関しては本人はコメントしていない。

If interested, check out these Lifeguard Stand and Canyon comparisons, and let me know what you see.
もし興味があったら、ライフガードスタンドとキャニオンの比較写真を確認して、どう感じたかをわたしに教えてください。

ということらしい。
自分は詳しいことはよくわからないけど、まず、ライフガードスタンドの写真に関しては、FA31の写真が色温度が低めで(暖色系)、コントラストが低く、シャープネスが低い。一番やわらかい印象だ。FA31の画質がいいと評判だが、なんとなくわかる気がする。一番好きかも。
DA35ALとDA35Macroは非常によく似た傾向だ。詳細に見ると少し違いがあるが、この二つの写真を見分ける自信はない。若干DA35Macroの方が解像度が高いように見えるかな。
キャニオンの方も色傾向は上と同様だ。FA31っていいな。
こっちの場合、DA35ALとDA35Macroは結構違っていて、DA35ALがコントラストが高く、シャープに見える。DA35Macroの写真はちょっとブレてるんじゃないかな。色傾向は似ている。

ちなみに、価格コムの値段を書くと:
DA35AL 21280円
DA35Macro 42578円
FA31 114580円

FA31は別格として、DA35ALはお買い得だと思う。マクロが必要ないなら、DA35ALで十分だろう。ただ、DA35Macroは等倍のマクロができる上に、標準レンズとしても十分使えるポテンシャルを持っている便利なレンズなので、余裕があればMacroの方がいいと思う。ただし、DA35ALは124グラムと非常に軽量だが、DA35Macroは215グラムと若干重い。

Digistillへの連絡はこちらから