Picasaを使って写真にジオタグを埋め込んでみた

デジカメ画像にGoogleマップを使ってジオタグを埋め込むことができるフリーソフト「GeoSetter」 - GIGAZINE
上のリンクでは写真にジオタグを埋め込むソフトを紹介しているが、写真にジオタグを埋め込むだけならばPicasaでもできるので新たにソフトをインストールする必要はない。
その方法を簡単に紹介する。
まず、Picasaのサムネールを選択する。この時複数の写真を選択しても以後の手続きで一気にジオタグを付与することができる。

以後の作業がやりにくい場合にはあらかじめ下のボタンを押して、作業部分を広げておくといいだろう。

次に右下のピンボタンをポチる。そうすると地図(Google map)が現れるので、所定の場所が表示されるように調整する。

次に地図の左上にある緑色のピンボタンをポチる。

ピンを地図の上に乗っけると、次のような確認ダイアログが表示されるので、よければ[OK]ポチり。

この記事の二枚目の図にある[i]ボタンを押して、ジオタグが付与されているか確認してみる。すると、ちゃんとジオタグが付与されているのがわかる。

いちいちピンポイントで指定するのは大変だが、ざっくりとしたジオタグを付与するにはこの方法で十分だろう。

Digistillへの連絡はこちらから