無印良品の最後の1mmまで書けるシャープペンシルの書き味を劇的に改善する簡単な方法

無印良品の最後の1mmまで書けるシャープペンシルには気になる点がいくつかあります。

ひとつ目は、グリップ感。なんとなく滑りやすく感じます。これは昨日の処理をすることで結構向上しました。

もうひとつは、筆記時のカチャカチャ音。わたしは筆記時に筆記具がカチャカチャ音がするのがどうも苦手なようです。

内部構造を見てみると、こんな感じになっています。

f:id:digistill:20200203205749j:plain

矢印の白い部分が軸の内側に密着することでガタツキを少なくするようにしているのかもしれませんが、ちょっと隙間が大きすぎるようです。その隙間のせいで、キャップが尻軸にある金属部品と当たって音がします。

試しにこの部分にPPテープを巻いてみました。余計な部分はカッターで切り取ります。上の写真はすでにPPテープが巻いてあります。

これだけでカチャカチャ音は完全に消え、書き味が格段に向上しました。

Digistillへの連絡はこちらから