ジェットストリーム2&1

最近仕事でよくジェットストリーム2&1を使っています。

ジェットストリームは単色や4&1を使っている人はよく見かけますが2&1を使っている人はあまり見かけません。しかし、これが使いやすいんです。

2&1の構成は黒ボールペン、赤ボールペン、シャープペンシル0.5です。黒は通常筆記、赤はマーキング、シャープペンシルは本や資料への書き込みに使います。4&1には消しゴムが付属していますが、2&1には消しゴムはありません。予算に余裕があれば構成がほぼ同じプライム版を使ってもいいと思います。デザインもよく似ています。

上:ジェットストリーム2&1、下:ジェットストリームプライム2&1

大は小を兼ねるということもあり、機能的には4&1でも問題ありません。しかし、最大の違いはグリップの太さなんですね。2&1はグリップの太さが私の理想の範囲にギリギリ入っています。グリップの太さはペンの重量や形状、質感でも好みが変わりますが、基本的には10 ± 2 mmくらいが使いやすいと感じます。そう考えると上限は12 mmとなります。2&1はそれよりわずかに太い程度ですが、4&1は+1.4 mmもあります。参考までにドクターグリップは一番細い部分が12.7 mmです。4&1ではドクターグリップを多用する理由がこれです。

上から、ジェットストリーム2&1、4&1、ドクターグリップ4&1

ちなみに、ジェットストリームプライム2&1のグリップは11 mmで理想的です。プライムはラバーグリップじゃないので好みが別れるかもしれません。ただし、プライムは確かにツルツル塗装仕上げですが、グリップ感は悪くありません。

ジェットストリーム2&1は見た目もスリムでスタイリッシュです。店頭で見かけたらちょっと気にして見てみてください。

 

 

Digistillへの連絡はこちらから