ジェットストリーム アルファゲルグリップが気に入りすぎている

最近、文房具ネタが少ないのは使う筆記具が固定化されてきて、満足しているからだと思います。相変わらず暇さえあれば文房具店には行くのですが、新しいペンを買うところまで行かないんです。

ジェットストリーム アルファゲルグリップのどこが気に入ってるかというと、第一に重量バランスです。手に取るとスッと手と一体になるような感じです。それに加え、ノック式で利便性が高い点も評価できます。さらに柔らかいアルファゲルグリップの独特のグリップ感もいいんですね。最初はぷにぷにしてなんとなく落ち着かない感じもありますが、慣れるとこれが実に使い勝手がいいんです。

それに加え、ロゴやボディの塗装がしっかりしていて高品質です。

正直、かっこいいペンではないですが、実用面だけでいえばこれを越えるようなペンにはなかなか出会えないと思います。

会社ではジェットストリーム2&1か、プライムの2&1。気分を変えたい時に、アーバンとかカスタム74を使います。

自宅で赤とか青を使う時にはドクターグリップ4&1を使うことが多いです。

シャープペンシルはアルファゲルスイッチを使うことが多いです。クルトガとは入っていませんが、クルトガ機構を搭載するシャープペンシルの中ではダントツに完成度が高いと思っています。内部機構のグリスアップは必須ですが。

会社に置きっぱなしにしているので下の写真にはありませんが、万能選手を一本挙げるとするなら、ジェットストリームの2&1です。4&1が人気だと思いますが、細めのグリップが使いやすく、個人的には2&1のジェットストリームは名品だと思っています。

予算に余裕があれば上の写真にあるプライム2&1もすばらしいペンです。個人的には光沢のあるベージュが使いやすいと思います。使っていると何かいいものを手にしているという実感があります。

 

 

 

Digistillへの連絡はこちらから