F-701を使うのをやめた話

F-701はナンバーワンと言っていいほどのお気に入りボールペンで、毎日肌身離さず持っていました。しかしながら、昨日から使うのをやめています。

ある日突然、クリップを固定している樹脂部品が緩んでいました。最初は特に気にしていなかったのですが、どうも単なる緩みじゃないことに気がつきました。

クリップにちょっと大きな力が加わると、ネジ一山分くらいズレてしまうようでした。そこで道具を使ってちょっとキツめに締めても、ネジが壊れた時のように空回りします。ネジを見ても壊れている感じはありません。それでも誤魔化しつつ使っていたのですが、ある時、ペン先に少し大きな力が加わった瞬間に下のような感じにバラけてしまいました。

接着剤でくっつけることも考えたんですが、どうもこのあたりの構造に問題がありそうです。

最新のF-701は樹脂部品が金属になっているようですが、改善されているんでしょうか。

ここ以外の完成度が高いだけに残念です。

Digistillへの連絡はこちらから