ザ・ドクターグリップを少しだけ使いやすくする技

最近、ザ・ドクターグリップをよく使うようにしていますが、使いやすいです。初期芯との相性もいいように感じます。

ただ、グリップ部分が若干ペタペタしているのが気になります。これはグリップのラバーと軸の間のわずかな隙間が原因です。

この隙間を埋めるために下の写真のようにPPテープを一周巻きつけました。

私は巻き付けませんでしたが、ちょっと太い部分にも隙間があるので、上手に巻けるなら、太い部分にも巻いてもいいかもしれません。

セロハンテープでもいいのかもしれませんが、劣化が少ないPPテープがおすすめです。3Mのスコッチテープなどがそうです。材質にポリプロピレンと書いてあります。

テープを巻き付けるとちょっとだけグリップを入れにくくなりますが、慎重に押し込めば大丈夫です。むしろ外しにくさの方が気になります。

この処理をしておくとグリップのペタペタは無くなります。

私は基本これしか使いません。

 

 

Digistillへの連絡はこちらから